ひとりで泣いた。誰が悪いのか。お兄ちゃんが妹を死亡させた事件。

新生児 子育て

ニュースお借りしました。

大津市で8月、無職の少年(18)が自宅で小学1年の妹(当時6)を暴行して死亡させた事件で、滋賀県警が今月4日、少年の母親を覚醒剤取締法違反(所持)などの疑いで逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、逮捕容疑は8月ごろ、覚醒剤などの違法薬物を自宅に隠し持っていたというもの。暴行死事件の捜査のなかで容疑が浮かんだという。

 一家は母親と少年、妹の3人暮らしだった。大津家裁は9月、傷害致死容疑で逮捕された少年を少年院に送る決定をした際、少年が家庭でネグレクト(育児放棄)状態にあったとし、「責任を少年のみに負わせるのは酷な面がある」と指摘していた。

 家裁の決定などによると、少年と妹は別々の児童養護施設で育ち、事件の数カ月前から母親との3人暮らしを始めた。母親は7月ごろから家に帰らない日が増え、妹が亡くなる8月1日までの7日間は帰宅していなかった。少年は1人で家事や妹の世話をすることを余儀なくされ、衝動的に暴力を振るったとされた。

悲しい事件

少年に自分がなってみました。

18歳の男子、少年に妹の面倒をみさせるのか。

無理でしょう。

妹6歳、お兄ちゃんの言うこと聞かないよね。

お兄ちゃん、殴ったら妹死ぬと思わないよね。

では何歳になったら、人間は殴ると死ぬとわかるのか。

きっとみんな知らないと思います。

だから虐待ってあるんじゃないの。

テレビのニュースで

どうして赤ちゃんに暴力ふるうかなって

思ったこと

たびたびあります。

でも加減がわからないのだと思います。

それと

怒りの度合いってその個人によって違いますよね。

子どもは親を選べないって言葉、しみますね。

誰も知らない

この映画はすごい映画です。

みんなが知らないところでこういったこと

たくさんあるのかもしれないです。

動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました