ドアロック 一人暮らしの女性は観ない方がいい。

オートロックマンション 映画鑑賞

これでもか!って

追い詰められていく様子が怖くて最後まで飽きずに観られました。

日本のマンションは鍵が多いけど、韓国では暗証番号で開けるタイプなのも興味深いです。

マンションの外側にカメラ仕掛けておいたら、暗証番号って盗み易い気がします。

それなら、毎日暗証番号を変えても意味がないからです。

内側のチェーンは必須ですね。

一人暮らしの部屋に他人の気配が/映画『ドアロック』予告編

あらすじ

ヒロインのギョンミンは派遣社員として銀行に勤務しています。

ひとり暮らしのマンションに誰かが出入りしているのに気づき、

通報しますが

事件性がないということで相手にしてもらえません。

ある日、銀行窓口に近所に住む男性がやってきます。

彼はギョンミンをお茶に誘いますが、断ると怒りだし、つきまといはじめます。

そこで、ギョンミンを好ましく思っている銀行の男性が助け船を出すのですが、

何者かに殺されてしまいます。

それもギョンミンの部屋で死亡していたことから、彼女は容疑者となりました。

ギョンミンはそれまで何度か通報していたので、刑事も何かあると睨み、様子をうかがうことにしました。

親友ヒョジュもギョンミンに協力して、犯人を見つけようと努力します。

犯人はギョンミン、ヒョジュを翻弄しています。

ギョンミンは耐え切れず、引越します。

引越先を教えるよう、窓口に来た男性がマンション管理人に親戚だと言って詰め寄ります。

その男はギョンミンを見つけ、揉めているところ、警察に逮捕されます。

刑事は

ペンギンの形をした防犯カメラを設置するよう、渡しました。

引越先でコンビニに行くと、前のマンション管理人に声をかけられます。

いろいろなことがあったギョンミンはどうしていいかわからず、逃げ帰ってしまいます。

帰宅すると刑事から電話がありました。

DNA検査の結果、窓口の男性は犯人ではなかったし、何者かに殺されてしまったので、

絶対家から出るなということでした。

恐怖に震えるギョンミンでしたが、

しばらくすると、スマホに録画された防犯カメラの内容を見て、驚愕します。

何者かが、ベッドの下に隠れたのです。

脚がすくんでしまい、犯人に捕まってしまいます。

犯人は場所を移し、ギョンミンを薬で拘束します。

睡眠薬に負けず、

刑事の力を借りつつ、

最後は犯人をやっつけました。

感想と考察

途中で犯人がマンションの管理人だとわかります。

同じマンションで階違いの女性が行方不明になっていて、

同じ暗証番号でした。

犯人はその女性を拘束し、逃げられないように足首から下を切断していました。

点滴投与で何かの薬剤を入れていて、暴れたりしないようにしていました。

ギョンミンを好きになったからといって、その女性を薬物で殺して、バラバラにしようとしていました。

韓国に行ったことがないので、そんな地域があるのかどうかわかりませんが、

家がたくさんあっても人が住んでいない地域をうまく利用していました。

日本でも過疎化が進んでいる地域がありますが、

そういう場所は怖いですね。

平気で人を誘拐し監禁できてしまいます。

何らかの犯人が逃亡していて、空き家に忍び込み、何日も過ごすことが出来たそうです。

空き家でもその家の持ち主に許可を取らないと、中に入って調べられないそうですから、捜査に時間がかかってしまいます。

犯人は「彼女の回りには男が多すぎる」と言って、いちいち殺してしまいますが、異常性を際立たせていました。

引越先は元の管理人だから知っていたけれど、

彼女が慌ててマンションを出ていくように仕向けて、

すんなりL字の金属で玄関開けられるって出来過ぎでした。

ギョンミンはそんなに魅力的かと言われると「ん~」と思ってしまいます。

「スマホを落としただけなのに」の北川景子くらい美人だったら、うなづけるのになって思いました。

親友のヒョジュが可愛いです。

ギョンミンは韓国美人なのかな。

ただシンプルな服装が似合っているので、スタイルは相当良いのだと思いました。

眠っているギョンミンの家に忍び込み、目を覚まさないように何かを嗅がせ、

多分いたずらをしたり、家探ししたり、シャワーしたり、トイレの便座を上げて用を足したりして

怖すぎん?

トイレの便座を上げてないのに、上がってたら、もう家には帰れません。

自分がこぼしていないものがこぼれてたら、もう勘違いとか言ってられないと思います。

我慢強いのも良くないですね。

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました