メタモルフォーゼ(変身)韓国映画のエクソシスト、なかなか面白かったです。

映画鑑賞

出だしはまさに悪魔祓い(エクソシスト)です。

それに家族愛も混じっています。

『メタモルフォーゼ/変身』予告

あらすじと感想

パク神父(ジュンス)は悪魔祓いに失敗してしまい、少女の命を救うことができませんでした。

少女の母親はジュンスを恨み、ジュンスの悪い噂を広めます。

ホラー映画好きにはたまらないところで、少女に悪魔が乗り移ってとっても怖いのです。

同居していた兄家族は

その噂のせいで、いじめを受けたり、心に傷をおってジュンスに恨みを持っています。

引越を余儀なくされています。

引越先の隣家は夜中になると音をたて、家族を睡眠不足にさせます。

悪魔が弱らせているのです。

この隣家悪魔祓いで死んだ少女の父親が住んでいたらしいです。

その父親は少女の母親に殺されています。

繋がっていたのですね。(写真たての写真で気が付いた方、すごい洞察力ですね。)

ジュンスは海外の教会に行くことを決意します。

最後の

教会の講義で

邪悪な者らは

憎しみや怒りを持つ人をターゲットにし、そういう人の身体に入りやすいと訴えます。

兄家族では、

邪悪な者は家族のひとりに次々と変身し、家族を仲違いさせます。

ここら辺までは最高に面白かったです。

悪魔が家族を翻弄し疲弊させ、お互いを疑るような関係に持っていかせます。

しかし、ここから

演出が雑になり、

結局、ジュンスに来てもらい、

ジュンスの身体に取り込んだ邪悪な者を兄が十字架で刺して

めでたしめでたしです。

次女のヒョンジョが焼却炉に吸い込まれ、死んでしまうのが可哀想でした。

ジュンスが日本人俳優の松山ケンイチに似ていました。

おおむね、面白い映画でした。

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました