残酷で異常 私なりの解釈だとこれは地獄という世界だと思う。

映画鑑賞

Amazonプライムで視聴しました。

現世で悪いことした人は天国じゃなくて地獄に行くのが、真っ当な感じがします。

でも死なないといけない世界だからどんなとこかわかりません。

もし現世での罪を

本人がとことんわかるまで、反省するまで、

スラスラとどんなことをしたのか言えるようになるまで

何回も何回も繰り返しその罪をやるとしたらどうでしょうか。

途中であれって自分の勘違いなのに、間違って殺しちゃったと思ったら、どうなるのか。

残酷で異常なループ/映画『残酷で異常』予告編

あらすじと感想

エドガーは妻メイロンを軟禁状態にしています。

メイロンが他の男性と少しでも親しくするととても嫌なのです。

それが連れ子のウイリアムや弟ランスでさえも許せません。

そんなエドガーから逃げたいと思っているメイロンに気づき、

自分を薬剤で殺そうとしたと勘違いし、激怒し、メイロンを殺してしまいます。

その後、エドガーも死んだみたいなので、この薬剤(洗剤?)で結果そうなったのかもしれません。

エドガーは死んだ後、不思議な世界に行ってしまいます。

そこでは各個人がしたことをみんなの前で発表するのです。

地獄では罪を自覚させ、永遠に苦しめることをするのかなと思いました。

そこから逃げ出そうとするのですが、できません。

毎日、自分のした殺人を繰り返します。

繰り返していく中で、わかっていく事実もありました。

地獄ではみんなから仲間外れの女性ドリスがいました。

(後からわかりますが、ドリスは自殺した、つまり殺人は犯していないということで、他の人とは違うと威張っていました。なので仲間外れにされていたのです。)

ドリスに協力してもらい、現世に行くのですが、

そこで、エドガーは今まで妻メイロンにしてきたことは

愛しているというより押し付けだったことに気がつき、ドリスが首をつって死ぬはずの木で

自分は首をつって死んでしまいます。

ドリスは死にません。

エドガーは自分を殺した罪でまたその地獄での集まりに参加しています。

一方、ドリスは生き残って年齢を重ねて老女になっています。

そこへ、メイロンとゴーガンが弔いに訪ねてきます。

エドガーが首をつって死んだので、その後は親子で仲良く暮らしていけたのでしょう。

最初のエドガーの死因がはっきりしないので、なんとも言えませんが、

メイロンが食事に仕込んだ薬剤だとしたら、メイロンも地獄の現場にいないといけないので、

違うのかなと

はっきりしない面もありましたが、楽しめる映画でした。

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました