検察側の罪人。キムタク・ニノ・吉高由里子好きだな。

映画鑑賞

木村拓哉さん演じる最上検事と二宮和也さん演じる沖野検事、事務官に吉高由里子さんを迎えて、もう見ないといけない映画。やっとTUTAYAから届いた。

内容としては過去に2度も殺人を含む犯罪やっている犯罪者松倉、そいつは最上検事がまだ学生寮に入っているときにそこの娘をレイプしながら殺すことをしている。

でも証拠不十分で有罪にならなくてしかもその事件は時効を迎えちゃってるわけ。

キムタクはその寮にいた当時、幸せだったんかな。楽しそう。殺された娘がまたいい子っぽい。

松倉は今度の犯罪はやってないけど、キムタクはもう絶対に法廷で罪を償えって、本当の犯人を殺してまでそいつに固執する。

ニノと吉高由里子さんはそれは違うでしょうってそいつの国選弁護人について争うわけ。

結果途中で共犯者出てきて、松倉無罪放免。

喜んで、お外でたら自動車にはねられて死亡。

そいつは松倉重生っていう役名で酒向芳さんが演じてる。

松倉が取調べの最中に「んんっぱっ」ってやるわけよ。見どころ。こいつは普通じゃない感がある。怪しい。そこが引き込まれる。

最後、キムタクがおじいちゃんの別荘にニノを呼んで、ニノが叫んでおしまい。ニノと殺された寮の娘同じ誕生日だった。

悪党だったら、ストーリーを作って罪人にしてもいいじゃんか?でもそれは駄目だよって双方譲らない映画。

同時進行で寮で一緒だった友人が自殺したりするけど、それはおまけだな。

キムタクの苦しそうな泣きたいような顔がよかった。ニノの叫びもよかった。

Amazon.co.jp : 検察側の罪人

コメント

タイトルとURLをコピーしました