サベージ・キラーSAVAGED美しい女性に大酋長が乗り移った。

トーテムポール 映画鑑賞

SAVAGEDを直訳すると「野蛮な」です。

映画『サベージ・キラー』―本編映像独占公開!過激すぎて笑うしかない

あらすじと感想

ゾーイ:美しいろうあ者の女性。耳は聞こえませんが、一方的に話すことは可能。

婚約者に会うため、1人でドライブををしていたところ、ニューメキシコ州アクメで悪人グループに拉致され強姦され殺され、埋められてしまいます。

雑に埋められたところ、まだ意識があり、通りかかった先住民アパッチに助けてもらいました。

そこで怪しい呪術をかけてもらいました。

アパッチの呪術師は完璧には助けられなかった、

ゾーイにはアパッチ族の酋長マンガスコロダロスの霊が降りてきていると言っていました。

ゾーイは自分を辱めた奴らに復讐し始めます。

悪人グループの曽祖父はジョセフRウエストといって、

アパッチをたくさん殺していた人でした。

それもあって、酋長の乗り移ったゾーイは残忍なやり口で悪人らを始末していくのでした。

強い美人は大好きです。

殺されていく悪人らも悪いことしていたから、当然の感じで征伐されていてスカッとします。

アパッチ族の大酋長も無念だった復讐を遂げて良かったでした。

アメリカは歴史も浅く、

アメリカ大陸には先住民がいましたが、

その方達を支配し、抵抗すれば殺し

開発していきました。

日本も戦争に勝ち続け、中国大陸に残っていれば、似たようなことをしていたと思います。

2023年1月、まだ戦争をしている国があります。

今年、日本でも防衛費を増やす為に増税されます。

みんな仲良しこよしは無理なのはわかります。

資源がなく、狭い日本は戦後頑張ってここまで発展したきたけれど、

子どもが増えず、老人ばかりの国になるのがわかっています。

人口は減少し、どうなってしまうのか。

心配です。

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました