この子は邪悪/ラストでこの子がどの子だかわかる。意外と面白かった。

うさぎ4羽 映画鑑賞

Amazonプライムで今日から無料視聴できます。

Amazon.co.jp: この子は邪悪
Amazon.co.jp: この子は邪悪

あらすじ①

4年前の交通事故で

父、司朗(玉木宏)は脚に障害を負っています。

司朗は窪(くぼ)心理療法室を開業していて、虐待を受けた子ども達を救う活動にも熱心です。

たくさんウサギを飼っています。

母、繭子は植物状態で入院中です。

妹、月(るな)は顔に火傷を負いマスクをつけて生活しています。

姉、花(はな)は事故にあったのを自分のせいだと思い、心に傷を負っています。

そして四井純(大西流星)は近所にいるおかしな人間を探し、カメラに収めています。

家にはボーっとして反応のない精神病の母親がいます。

あらすじ②

母親不在だけれど父と姉妹は助け合って暮らしてきました。

そこへ四井純がはなに近づいたことで、変化が起こりました。

純は以前にもここではなと遊んだことを覚えていました。

司朗は患者さんに催眠術をかけ、何かやっているような雰囲気です。

ある日、母親の繭子が急に目を覚ましたと帰ってきました。

はなは繭子に違和感を感じ、

純にそれを相談します。

純が調べると

妹のるなは事故で死んだことになっていました。

司朗は危機感を覚え、怪しい催眠術をかけ、従順な純にしてしまいます。

あらすじ③

司朗は人間の中身を入れ替えることが出来ました。

催眠術をかけ、年齢を過去に戻し、子宮にいた時の状態にしてから

他の人間と入れ替えるのです。

虐待をする親達は司朗にとって、どうしようもない人間なので、

ウサギと入れ替えていました。

ウサギは無垢だからという理由でした。

るなは死にそうでしたが、虐待を受けていた女の子と入れ替えたのです。

植物状態の繭子は、虐待をしていた女性の身体と入れ替えました。

るなと繭子は時々そのことに怯えましたが、司朗が催眠術でおさめていたのです。

秘密を知った純はウサギと入れ替えました。

純の母親が、空虚な視線でボーっとしていたのはウサギだったからでした。

純に虐待していたのでウサギと入れ替えられていたのです。

それを聞いていた純のおばあちゃんが

「娘と孫を返せ!」と司朗を殴りますが、逆に司朗に殺されてしまいます。

見ていたるなはこんな状態のまま生きていたくはなかったと

司朗にナイフを突き刺し、司朗は死んでしまいます。

純のおばあちゃんを殺した後、自殺したことにしなさいと言い残して逝きました。

繭子が抱き起して泣いている時、司朗が何かつぶやいています。

あらすじ④

司朗がつぶやいている時、繭子と入れ替わるのかなと思いましたが、

お腹の子と入れ替わっていたようです。

繭子、はな、るなは気がついていないようです。

赤ちゃんが生まれ、4人は幸せそうに暮らしています。

邪悪な赤ちゃんの誕生です。

感想

怖くはないけれど、薄気味悪さがあって面白かったです。

幸せの絶好調から不幸になると

人間は変わってしまいます。

司朗の催眠術だと自分の家族は人間同士で入れ替えし、

虐待した悪い奴や気に入らない奴はウサギにし

となっていますが、

美人とブス

お金持ちと貧乏人

と何でもありなので、邪悪な赤ちゃんはぜひそちらで活躍して欲しいと思いました。

Amazon.co.jp: この子は邪悪を観る | Prime Video
かつて一家で交通事故に遭い、心に傷を負った少女・窪花。心理療法室を営む父・司朗は脚に障がいが残り、母・繭子は植物状態に、妹・月は顔に火傷を負った。そんな花のもとに、自分の母の奇病の原因を探る少年・四井純が訪れる。やがて花は純と心を通わせていくが、ある日突然、司朗が5年ぶりに目を覚ました繭子を連れて家に帰って来る。司朗は...

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました