スノーホワイト 戦う白雪姫、無垢な心と美しさに勝てる者はいないkedoシャーリーズ・セロンは美しすぎる。完全に女王の方が綺麗。

白雪姫と7人の小人 映画鑑賞

「鏡よ、鏡よ、鏡さん、世界で1番綺麗なのはだあれ?」

新解釈の白雪姫には弱い姫はいない、国民とともに立ち上がって魔女と戦う姫は甲冑がお似合いです。

映画『スノーホワイト』特報

あらすじと感想

幸せな王国に暗雲が訪れたのはマグナス王の妻が死んだからです。

マグナス王は

後妻になったラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)にあっけなく殺されてしまいます。

愛娘スノーホワイト(クリステン・スチュワート)は塔に閉じ込められてしまいます。

ラヴェンナは若さを保つため、若い女性のパワーをちゃっかりいただいていましたが、

永遠に美しさを保つには

スノーホワイトの心臓が必要だ!と「鏡」に言われたため、

弟フィンに連れてくるよう命令しました。

しかし、逃げられてしまいました。

これは一生の不覚でした。

フインは、エリック(クリス・ヘムズワース)とおどろおどろしい森の中を探すのですが、

エリックが途中でスノーホワイトサイドに付いたため、やっつけられてしまいます。

この映画は

シャーリーズ・セロンの美しさが際立っています。

スノーホワイト、子ども時代のラフィ・キャシディはとても可愛くて

ラヴェンナに

「この国ではあなたの顔が美しいというのだ。」と言われていたので

大人になったらどんな顔になるか楽しみでしたが、

クリステン・スチュワートでした。

どちらかというと好きな美人顔ではありませんでした。

前歯が大きくないか?とそればかりが気になってしまいました。

戦うお姫様で甲冑の似合うお姫様ですので、仕方ありません。

無垢な心が武器になるとか言っていたので、そっちから攻めるのかと思っていたら、

武器でラヴェンナを刺し、やっつけていました。

毒林檎や7人の小人、王子様のキスと従来の物語のフレーズはあるのですが、

なくてもよかったような気がします。

続編があるので、そちらも観たいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました