ブレインゲーム アンソニー・ホプキンス主演 難病で苦しむくらいなら死んだ方がまし?

映画鑑賞
ブレインゲーム 映画 - Bing video

あらすじと感想

主人公のジョンは娘を白血病で失い、今も立ち直っていません。

FBIの友人が捜査への協力依頼をしてきます。

犯人はどうやら難病で長く生きられない人をターゲットにしています。

ターゲットが喜ぶような演出をし苦しまない死を与えています。

ジョンはが未来が見えてしまう能力を持っていますが

犯人はそれ以上の能力を持っています。

ジョンは自分の娘が病気で苦しんで死んだことを後悔しています。

最後は死を与えることは悪いことではないと

教えているような終わりでした。

犯人もまたわずかの寿命でした。

認知症になったらどうかわかりませんが

生きていても生きているだけの人生を自分では終了できません。

身体が動かなくても生がある限り、生きていくしかありません。

寝ていて身体が痛くても(床づれ)自分では動くこともできない、鼻がかゆくても自分でかけない。

ましてや耐えきれない痛みがあっても治療法がない。

どうしたらよいのでしょうか。

日本では安楽死を認めていないので、海外にいき、死んだ方もいらっしゃいますね。

安楽死を幇助、助けたとして捕まった医師もいらっしゃいます。

人の考えは様々だから

人の痛みもそれぞれだし

でも苦しんでいた親を見ていて、

神様に祈ったことはあります。

もう苦しまないでいさせてくださいと。

生きているより苦しいことはきっとあると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました