ライリー・ノース 復讐の女神

ライリー・ノース 映画鑑賞

復讐ものは大好物。

仕返ししてやりたいと思うこと多々あれど、できない、やっちゃいけないのが世の中だからね。

ぶっ飛んだ復讐ものは応援したくなります。

映画『ライリー・ノース 復讐の女神』予告編

あらすじと感想

娘の誕生日当日にセレブママが嫌がらせを行い、

娘の元にはお友達がゼロ状態になりました。

落ち込む娘を明るくさせようと遊園地ではしゃぎ、

アイスクリームを食べようとしたところ、

マフィアに夫と娘を殺されてしまいます。

マフィアのお金を横取りしようと友人に誘われていたけれど、

夫は断っていました。(友人、そんなのひとりでやってくれよ。)

それなのに見せしめで殺されてしまいます。

妻ライリー・ノースも重症を負いましたが、

なんとか犯人を特定し、裁判を迎えます。

しかし

判事・弁護士等がマフィアと繋がっており、犯人は釈放され

ライリー・ノースは精神病院に送られそうになるところを逃げだします。

それから5年、彼女は復讐を始めるのでした。

映画の内容から

彼女は勤務していた銀行を襲い、現金を手にしています。

いろんな国でどんなトレーニングをしたかは謎に包まれていますが、

爆弾や武器の知識もかなりあり、身体的にも鍛えてきています。

ランボーですか?っていうくらいすごいです。

怪我をしても自分でホッチキスみたいなので治療しているし、

男前な復讐するママになっています。

彼女が強すぎて、マフィアがただのチンピラになってしまっています。

スラムを諸点にしていましたが、なぜそこで女神と呼ばれていたかは詳しくわかりませんでした。

バスで一緒だったアル中親父を脅して子どもにクリスマスプレゼントを買うよう促したりしているところから

スラム街でも頻繁に小さい悪者退治をしていたのではないかと推測しました。

捕まって、手錠をかけられて入院していたけれど、警官が鍵を渡し、またどこかへ逃げていきました。

きっとどこかで守護天使となって、悪者やっつけてくれているのだと思います。

マフィアが全滅しても、彼女の心は悲しいままだから、辛いよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました